« 【腱板損傷のトリセツ】 KATA オンライン講座 | トップページ | 【83%がタダマン実証済】風俗嬢タダマンマニュアル特別版(巨乳マニュアル無料入手権付き!) »

2022年7月27日 (水)

玉田式・中学生から始めるバドミントン・ラケットワーク習得法 ~技術を身に付けて初心者から全国を目指す~

短期間でメキメキ上達する練習とそうでない練習には明確な違いが存在します。
一見すると、素振りやランニング、筋力トレーニングなど、しっかりと基礎を固める練習をしたほうが優位、と思い浮かぶかもしれません。

「初心者なんだからまずは基礎トレーニングをしたほうがいい」「体が大きい生徒の方が有利」
こんな当たり前のようなことを、誰もが一度は考えたことがあるはず。

残念ですが、これは私の30年の経験から言わせてみると間違っています。

たしかに基礎は大切ですが、それだけでは初心者が経験者に余裕で勝てるほど上達することはありません。

基礎トレーニングをたくさんして、経験者と毎日練習をしているにもかかわらず一向に上達しない生徒たちを今までに何人も見てきました。

ただやみくもに練習するだけでは、飛躍的な成長はできないという明確な事実があるのです。

では、一体何が両者の違いをもたらしているのでしょうか。

かなり気になるところではあると思いますが、一言でいえば

ラケットを繊細に扱う練習、つまりラケットワークをないがしろにしているかどうか
です。

ではなぜ、ラケットワークを強化すれば、上達するのか?
それはバドミントンには他の競技とは違う“ある特徴”があるからです。


玉田式・中学生から始めるバドミントン・ラケットワーク習得法 ~技術を身に付けて初心者から全国を目指す~

« 【腱板損傷のトリセツ】 KATA オンライン講座 | トップページ | 【83%がタダマン実証済】風俗嬢タダマンマニュアル特別版(巨乳マニュアル無料入手権付き!) »

学習・自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【腱板損傷のトリセツ】 KATA オンライン講座 | トップページ | 【83%がタダマン実証済】風俗嬢タダマンマニュアル特別版(巨乳マニュアル無料入手権付き!) »