« 穴馬決定理論■フラットスリーシステム/改訂版【スペシャルプライスシリーズ】 | トップページ | ナンバーズで年間3000万円!「NumbersGrace」モニター募集中 »

2017年5月21日 (日)

マグマの法則~TARGET frontier JV バージョン~





TARGET frontier JVを
愛用している競馬ファン。
愛用していない競馬ファン(ダウンロード自体はしている人も含む)。


圧倒的に多いのは、後者のほうでしょう。



TARGET frontier JVを愛用していない競馬ファンに


『なぜ、愛用していないのですか?』


と聞いてみますと、おおよそ以下のような答えが返ってきます。




[check]データには興味があるけどわざわざデータソフトを購入してまで色々と調べる事には興味が湧かない

[check]どうも操作が面倒なイメージがある

[check]事前にデータを調べる時間などない

[check]普段から予想にデータは重用していない

[check]競馬雑誌にデータが載っているからそれで十分

[check]データ予想はそもそも邪道だ

[check]データを見たからといって的中率が上がるとは思えない

[check]パドック派だからデータは要らない

[check]新聞記者の印だけ見て買ってるからデータは要らない

[check]騎手買いしているからデータは要らない

[check]重賞しか買わないから、それだけのために購入する必要は無い

[check]馬券代以外の費用をかけたくない

[check]データに頼るようになったら終わり

[check]新聞・赤ペン・ラジオこそ競馬の三種の神器。それ以外は何も要らない




私は、改めて声を大にして言いたいと思います。

何と、もったいない!

これを「食わず嫌い」と言わず、
いったい何と言えばいいのでしょうか。


また、TARGET frontier JVで

色々なデータが調べられるといっても

どうせ競馬新聞や、雑誌・競馬本の延長線上の程度の

大したことのないデータなんでしょ…と、

タカをくくっている方も多いようです。


さすがにそれでは「あんまり」だと私も思います
(別に私はJRA-VANのまわし者ではありませんが・笑)。


前段の亀谷敬正氏の番組内容を見ていただいた方には、

すでに、TARGET frontier JVがどれほど「優れもの」の

データベースソフトであるかを御理解頂けたかと思いますが、

ここで改めて私のほうで整理して、

TARGET frontier JVの魅力をご紹介しておきたいと思います。


そんなことはもう知ってるよ、という方は、

このChapterは読み飛ばして頂ければと思います。



s_sibet22(1)


何せ「20年ぶん以上」の公式データですから、

よく競馬新聞や競馬雑誌に載っているようなデータと、

TARGET frontier JVから導き出されるデータでは、

その「ブ厚さ」が全く違います。

もちろん抽出期間の設定は自由自在。

血統、脚質、騎手から人気別の着順傾向、前哨戦との関係など
100通り以上の切り口で集計と分析を行うことが可能です。



画像の説明


たとえば

『中山芝1200mで強い血統を調べたい』

といった基本的な疑問ごとから、


『夏の函館芝中距離の道悪競馬を得意とする種牡馬を調べたい』

『好相性の騎手と調教師のコンビを知りたい』

『このレースの毎年のラップ傾向を調べたい』

『このレースの出走馬同士の対戦成績を瞬時に知りたい』

といった競馬中級者以上に嬉しいテーマまで、
TARGET frontier JVで調べれば全部、即一発回答。

色々なデータを瞬時に入手できるため、

競馬新聞や競馬週刊誌を何となく眺めているだけでは

絶対に不可能な「深いレースの分析&予想」が自分でできるようになります。


これが何といってもTARGET frontier JV最大の魅力。


貴方の競馬ライフがガラッと変わることでしょう。





TARGET frontier JVの出馬表は、

その表の中に膨大なデータが潜んでいる

スゴい出馬表です。


たとえば出走馬の馬名欄をダブルクリックすると

その馬のデビュー以来の全成績が表示され、

その中の一つのレースをクリックすると、

今回のレースの対戦相手で
そのレースにも出ていた馬との対戦成績のチェックが瞬時に可能…


といった具合に、画面上でどんどんデータが展開されていきます。


ほかにも出馬表分析機能を使うことで

出走各馬の条件別着度数などが分かり、

特定条件に合う馬を抽出できるほか、



上がり競馬への対応力を示した指数や人工知能の分析結果に至るまで、


その馬についてのありとあらゆる情報が取りだせる、いわば「スーパー出走表」。


1頭の馬についてあれこれクリックして様々なデータを見ていくだけで、その馬についての理解がアッという間に深まる事でしょう。


もちろん「馬」についてだけではなく、


調教師・騎手・オーナー・生産者についても同様レベルの情報量が詰まっています。



画像の説明


亀谷氏の番組でも余すところなく紹介されていましたが、

TARGET frontier JVの大きなセールスポイントは


「血統に関するデータ量が豊富」


という点です。

5代血統表は、

5代前からさらに遡って何とサラブレッドの三大始祖

(バイアリーターク、ダ-レ-アラビアン、ゴドルフィンアラビアン)まで閲覧できるという、

まさにパーフェクト血統表。

種牡馬の項目を選べば

着順度数ごとに種牡馬が表示され、

勝率や連対率、単勝、複勝の回収値など

様々なデータをひと目で見ることができます。

また種牡馬からサイアーラインを展開して

血統図を表示させたり、

牝系の産駒や系統、戦績を細かく調べていく作業も

本当にラクラクできてしまいます。

さらに、レース別や条件別で

アベレージのいい血統・系統などを調べる作業もお手のもの。

たとえば直近の競馬(前日の競馬)で好走した血統の「系統」を

知りたいといった場合でも、

簡単な操作でその結論に辿り着く事ができるのです。

自分で血統を色分け表示して「自分なりのソート」で系統を

表示できる機能も付いていますし、

データ派・アナログ派に関係なく、

血統をもっと知りたい、学びたい、様々な血統データを予想に活かしてみたいという方は、

それだけを目的にTARGET frontier JVをダウンロードするテもある、

といえるほどです。



画像の説明


たとえば、
狙っている馬の単勝オッズ



1着固定馬単流しのオッズ

を比べて、

果たして今、どちらがおトクな状況になっているか?

といった比較データもリアルタイム表示できますから、

自分でオッズを見ながら計算して考えて…といった手間が省け、

ギリギリまでオッズの動きを見ながら「おトクなほう」に投票すると

いった作業が簡単にできます。

特に3連単のオッズを調べる時に、

自分が買おうとしている買い目のオッズだけ

すぐに抽出して表示できるなど、

豊富なオッズ閲覧機能が大重宝。

さらに時系列オッズ機能で票の動き、

大量投票情報を調べることもできます。

この点についても前述の亀谷氏の番組で、

その魅力と便利さが紹介されていました。

ごくごく簡単に、まとめてみました。


TARGET frontier JVで調べられない競馬データはない。


そう断言しても差し支えないほどの、

膨大な競馬データが収録されている

すぐれものソフトなのです。


>>>マグマの法則~TARGET frontier JV バージョン~








« 穴馬決定理論■フラットスリーシステム/改訂版【スペシャルプライスシリーズ】 | トップページ | ナンバーズで年間3000万円!「NumbersGrace」モニター募集中 »

競馬」カテゴリの記事